companyname
StudyPlusブック×育伸社
いつもの参考書を
ポケットに
Studypluseブック×育伸社

デジタル教材プラットフォーム

Studyplusブックコード」に
育伸社の参考書が加わります

「Studyplusブックコード」とは、対象となる参考書を購入すると
Studyplusブックにおいて利用できる電子版の参考書を無料でお使いいただけるサービスです。
「Studyplusブックコード」を導入すると、紙とデジタルを使い分けることが可能になります。

今回、「Studyplusブックコード」に育伸社の発行する学習参考書が加わることになりました。
2022年度は育伸社が私立学校専用に発行している
『Sirius21』シリーズ15冊が、「Studyplusブックコード」に対応します。
まずは、中学校向けの教材領域にて試験的に取り組んでいく予定です。

  • 累計発行コード数30万コード以上
  • コード配布学校数550校以上
Studypluseブック
Studypluseブック

学校でのStudyplusブック」
導入理由

Studyplusブックを導入した先生へのアンケートでは、
40%以上が「生徒の自学自習を促進したかった」という理由を選んでいます。

Studyplus book導入理由
Studyplus book導入理由

Studyplusブック」導入校
先生

  • 利用しやすく、手軽なのでよいと思います。(栃木県・国語)
  • 大変よかった。来年度以降も利用したい。(東京都・理科)
  • 活用については生徒裁量としたが、教員としての活用感は大変良かった。(宮城県・理科)
  • 自学自習用として、思ったときにどこでも手軽に利用できるので良かったです。(大阪府・国語)
  • 問題集が手元にないときでも確認できるのが便利でした。(神奈川県・理科)
  • 冊子版と遜色のない内容でありがたかった。(新潟県・理科)

Studyplusブック」始め方

いつも通り紙の参考書を注文

1

いつも通り
紙の参考書を注文

Studyplus for school
合わせて電子版を希望すると

2

合わせて電子版を
希望すると…

Studyplus for school
ブックコードが配布される

3

ブックコードが
配布される

Studyplusインストールアカウント作成

4

Studyplusインストール
アカウント作成

Studyplus for school
アカウントアイコンからブックコードを入力

5

アカウントアイコンから
ブックコードを入力

Studyplus for school
教材を開くだけで学習記録が開始

6

教材を開くだけで
学習記録が開始

いつも通り紙の参考書を注文

1

いつも通り
紙の参考書を注文

Studyplus for school
合わせて電子版を希望すると

2

合わせて電子版を
希望すると…

ブックコードが配布される

3

ブックコードが
配布される

Studyplus for school
Studyplusインストールアカウント作成

4

Studyplus
インストール
アカウント作成

アカウントアイコンからブックコードを入力

5

アカウントアイコンから
ブックコードを入力

Studyplus for school
教材を開くだけで学習記録が開始

6

教材を開くだけで
学習記録が開始

Studyplusブックコード」
導入までの手順

対応教材を購入後、ブックコードの申込〜配布まではすべてオンラインで完結します。
コードは印刷すれば、そのまま生徒一人ひとりに配布できる形式でお送りします。
先生の手間はかかりません。ぜひお気軽に活用ください。
また、コード提供数は教材購入数が上限となります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合せはコチラ

対応書籍を購入済みの場合
Studyplusブックコード対象教材を購入した場合、下記のリンクからブックコードのお申し込みができます。

Studyplusブック」機能

「Studyplusブック」では、Studyplusの本棚に並ぶ書影から、そのまま電子教材ビューアを開くことが可能です。
ビューアは目次機能、ページめくり、見開き表示、拡大縮小など、標準的な機能を備えております。
ビューアの利用を終了すると、ビューアを開いていた時間をそのまま勉強時間として記録することができます。

教材を選ぶ
教材を選ぶ
ブック対応教材から学習したい教材を選びます。
自動記録
自動記録
教材を開いただけで自動的に記録されます。
紙とペンで解く
紙とペンで解く
これまで通り紙とペンを使って問題に取り組めます。
  • スマホ・タブレットに対応
  • Studyplus連携で学習記録が簡単に
  • 音声の再生
  • しおり機能

対応環境

iOS 13.0以上
Android 7.0以上 (20219月時点)

Studyplusブック」特長

Studyplusブックなら、たくさんの教材をスマホやタブレットだけで利用することができます。
自習用に常にカバンに教材を詰め込む必要なく、身軽にいつでも学習できるようになります。
移動時間などのスキマ時間にサッとスマホで勉強できるようになり、生徒が効率的に学習する環境が整います。

重たいカバンとさようなら
重たいカバンと
さようなら
スマホでもタブレットでも、いつでも学習できます。
机に余裕を
机に余裕を
教材を広げるスペースが必要ないから、机もスッキリ。
スキマ時間に勉強
スキマ時間に勉強
移動時間など、空いた時間で効率よく勉強できます。

よくある質問

  • Qインターネット接続がなくても利用できますか?

    現在は、インターネットに接続した環境でのみ利用可能です。なお、書籍データは容量が大きいため、Wi-Fi環境での利用をおすすめしております。

  • Qブックコードに有効期限はありますか?

    教材によって異なります。出版社の営業担当にお問い合わせください。また、利用を開始するときは、Studyplusアプリにコードを入力するだけで、すぐに電子版が使えるようになります。

  • Qブックコードはどのようにして受け取れるのですか?

    コードが記載されたPDFデータとCSVデータを、メールにてお送りいたします。教員の皆様で印刷の上、生徒へ配布することも可能です。なお、注文書籍にすでに綴じ込まれている場合もございますので、まずは各出版社の営業担当へご相談ください。

  • Qコードは全生徒共通ですか、それとも一人ひとり異なりますか?

    一人ひとり異なるコードを発行いたします。1コードにつき一度のみ使用可能なものですので、生徒一人につき1書籍1コードのお申し込みが必要となります。

  • Q複数端末での利用は可能ですか?

    はい、可能です。同じStudyplusアカウントでログインすることで、複数端末でも利用できるようになります。

studypluseforschool

「Studyplus for school」とは、
先生と生徒を繋ぐ学習管理プラットフォームです。
生徒の日々の努力に気づき、褒める機能でコミュニケーションを活性化。
学習PDCAサイクルで、効率的な学習管理をバックアップします。

生徒
生徒
自分の勉強時間がグラフ化されることで、達成感があってやる気が出る!タイムラインの学習記録に「いいね!」されるとうれしい!
先生
学習状況を蓄積フィードバック
先生
生徒たちが、いつ何の教材をどれだけがんばっているのかすぐにわかります。状況を把握した上で、アドバイスや学習サポートが可能です。
学習状況を蓄積フィードバック

機能一覧

カレンダー
カレンダー
日々の予定や学習計画をカレンダーで共有できます。
タイムライン
タイムライン
生徒が登校した学習記録を、タイムラインで閲覧できます。
ヒートマップ
ヒートマップ
学習時間の推移がひと目でわかるようになっています。
メッセージ
メッセージ
画像やPDFにも対応したメッセージが送信できます。
学習記録
学習記録
あらゆる教材を本棚に登録し、学習記録を投稿できます。
コンテンツ配信
コンテンツ配信
先生が収録した動画などを、独自教材として配信できます。
ガントチャート
ガントチャート
学習計画の進捗をガントチャート形式で確認できます。
いいね・コメント
いいね・コメント
いいね!やコメントで、フィードバックが送れます。
保護者メッセージ
保護者メッセージ
保護者のLINEにメッセージを送信できます。
zoom連携
Zoom連携
オンライン指導・面談を効率化します。
成績管理機能
成績管理機能
成績管理を効率化します。
出席管理機能
出席管理機能
出席・座席管理を効率化します。

Studyplusブック」
Studyplus for school併用

「Studyplusブックコード」を利用すると、教材学習のスタディログがそのまま蓄積できます。
学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」と併せて利用すれば、
学校や塾をはじめとする教室で「Studyplusブック」のログに基づいた指導が実現できます。

お気軽にお問い合せください

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
弊社スタッフが、さらに詳しく機能についてご説明いたします。

お問い合せはコチラ